• マスターしておけば公認会計士資格試験合格に近づくかもしれない情報のまとめ
  • 公認会計士資格の取得を目指しているという人には絶対に見ておいてほしい公認会計士資格試験合格に近づけるための勉強方法に関する情報を集めていくサイトにしていきたいと思います。
  • 公認会計士

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    資格取得を目指すなら頭に入れておくべき公認会計士に合格するための勉強法・学生編

    公認会計士とは難関な国家資格の1つなので、合格するためには、並大抵の努力では合格する事ができません。テキストを購入し、独学で勉強し、合格した人がいないわけではありません。ですが、合格率が10%前後と言われる資格で、ライバルの多くは専門学校や会計大学院などで、公認会計士の受験勉強のプロから勉強方法や受験テクニックを学んでいます。

    彼らに勝とうと思ったら、やはり独学では難しく、学校に通う選択肢の方が合格する可能性が高くなると言えるでしょう。なぜ独学をおススメできないのかは、テキストを見てもらえば気づくでしょう。テキストを見て、一発で内容を理解できる人がどれぐらいいるでしょうか?多くの人は、その専門用語だらけの文章がまるで頭に入ってこない。

    何が言いたいのか分からないと困惑してしまうはずです。難しい専門的な教科に関しては、独立で勉強する事は非効率だと言えます。難しい内容だからこそ、分かりやすく教えてもらい、理解する事が公認会計士の受験勉強で成功するポイントだと言えるでしょう。

    資格取得を目指すなら頭に入れておくべき公認会計士に合格するための勉強法・学生編

    金銭的な問題で、学校に通う事は無理、そんなふうに思う人もいるでしょう。ですが、学校で1年間集中して勉強し、一発で合格した場合は、学費は100万円程度です。しかし、独学で、1回目も2回目も受験に失敗してしまい、今3回目のチャレンジをしているというのであれば、その2年間の生活費や、2年間で稼げるだろう金額を考えれば、コストパフォーマンスという視点においては学校に通う方がお得だったという結果につながるケースが多いのです。

    なので学校に通うとお金がかかってしまうからという理由だけで、独学で勉強するのは、リスクが大きい方法だと言えます。

    準拠=公認会計士 試験 https://cpa-net.jp/

    ◆公認会計士に合格するための勉強法・社会人編
    特に社会人に対しては、学生で勉強だけに集中できる人と比べると、圧倒的に勉強時間が不足しています。勉強数だけで、合否が決定するわけではありませんが、平均で3000~5000時間勉強しないと合格できないと言われるほど、勉強する事が求められる資格でもあります。

    社会人は勉強する時間が少ないからこそ、学校でカリキュラムにそって勉強する事が重要だと言えます。また学校に通うメリットは、効率的に勉強する事に加えて、周囲に勉強している仲間がいるという点です。一人で勉強するとモチベーションが下がってしまったり、仕事で疲れていてやる気が出ない時もあるでしょう。

    しかし、他の人がこんなに勉強に頑張っているという姿を目の当たりにすると、自分も頑張らないとヤバいという気持ちになれます。ただし、公認会計士を受験する事を決めて、受験勉強の妨げになるからと即仕事を辞めるのはちょっと待って下さい。大変ですが、仕事を続けながら合格した人もちゃんといます。

    それに、社会人の人の場合は、公認会計士にチャレンジできる期間がそう長くありません。年齢制限はありませんが、やはり20代~30代の合格者が9割以上を占める世界です。一次試験の合格後も実務経験補佐が2年必要で、その後の修了考査に合格しなければ公認会計士の登録がされないため、5年以上の年月がかかる事を考慮した場合、30代以上になってしまうと、そこから新人として働くには、採用されにくいという現状があります。

    つまり、社会人数年目で転職を考え、公認会計士の受験に望む事になった場合、チャレンジできる回数が少なく、試験に落ちた場合に、今後どうするかまで進路を考えておく必要があります。なので、合格できるという手ごたえがないうちに、早々に仕事を辞めてしまうと、辞めた事に後悔する日がくるはずです。

    社会人は落ちた場合の保険と言う意味でも、今の仕事をそのまま続けた状態で、試験にチャレンジする方が現実的だと言えるでしょう。また仕事と試験勉強の両立するぐらいの強い意志がない限り、公認会計士の受験にのぞむべきではないとも言えるかもしれませんね。