• マスターしておけば公認会計士資格試験合格に近づくかもしれない情報のまとめ
  • 公認会計士資格の取得を目指しているという人には絶対に見ておいてほしい公認会計士資格試験合格に近づけるための勉強方法に関する情報を集めていくサイトにしていきたいと思います。
  • 合格率10%の超難関・公認会計士は独学で合格できるの?

    トップページ
    お気に入りに追加

    合格率10%の超難関・公認会計士は独学で合格できるの?

    公認会計士の合格率が低い事は知っている人も多いでしょう。国家資格の中でも、超難関の資格だと言っても過言ではありません。

    しかし、公認会計士の試験に合格したいけれど、余計なお金をかけたくない。最短で合格する手段として、専門学校に通う方法でも1~2年で、100万円~200万円程度の授業料がかかってしまいます。

    対して独学であれば、テキストを購入して数千円程度の費用しかかかりません。では、実際に独学で勉強し、公認会計士の試験で合格する事は可能なのでしょうか?結論から言えば、ほぼ不可能です。

    なぜなら、公認会計士の科目とは、会計学、租税法、経営学など、専門性が高く、初めて学ぶ人によって、専門用語だらけで理解するのが難しいからです。

    専門家に分かりやすく教えてもらって、初めて理解可能なのです。加えて、とにかく出題範囲が広いため、勉強法や受験テクニックも随所必要とされます。

    独学では試験対策をする事が出来ない、情報収集量が圧倒的に個人では少なくなってしまいます。専門学校に通い、1日10時間以上勉強をした人でさえ、なかなか合格できないほど、難易度の高い試験です。

    よほど秀才、もしくは天才レベルならなんとかなるかもしれませんが、一般人が独学で勉強し、ずるずると数年試験に
    落ち続けるよりは、徹底体に専門学校で教えてもらい、2年と決めて合格した方が、費用はかからないと言えるでしょう。

    それに公認会計士になれば、高収入で平均所得で700万~800万以上稼ぐ事が可能です。これは大手企業のサラリーマンよりも、かなり収入面では高いと言えます。

    なので、自分への先行投資考え、独学でどう勉強するのかよりも、学校に通う選択肢を選ぶ事をおススメします。